「シャガール 三次元の世界」展 東京ステーションギャラリー

シャガール 三次元の世界」展 東京ステーションギャラリー
2017年9月16日(土)〜12月3日(日)

JR線の社内刷で見かけたポスターに惹かれ、東京ステーションギャラリーで開催中の「シャガール 三次元の世界」展に行ってきました。

会場に入ってすぐに、嬉しさのあまり幽体離脱して飛んでいるような《誕生日》が展示してあり、一気にシャガールの世界に引き込まれます。次に展示されている、ミューズである愛妻ベラを描いた《カーネーションを持つベラ》は、他の作品にはあまり見られないタッチで描かれていて、ドラマティックな赤の背景の空気感とあいまって凛々しさが際立ち、圧倒的存在感でした。

今回の展覧会の目玉のひとつは日本初公開のシャガールの立体作品です。絵画から続く自由で柔らかい造形は、愛おしさを感じるものばかりで作家自身の人柄を表しているかのようです。学生時代に教科書で見たシャガールの作品は、ふわっとした印象が強かったのですが、印刷物では味わえない実物ならではの色味や深みを味わうことができます。一気にシャガールが好きになる展覧会でした。

東京駅丸の内舎内にある美術館は時空を超えていけそうな雰囲気のある場所です。昼下がりやアフター5のショートトリップにも最適。プレミアムフライデーにもよいかもしれません。

展覧会図録も素敵です。写真ではうまく伝わっていないと思うので、是非実物をごらんになってみてください。  (サ)

おすすめ記事

  1. [ゼカリヤ書]ギャラリートーク・等価性の次元と「自己触発」
  2. 「木島櫻谷」展 泉屋博古館分館(東京)
  3. 【ギャラリーフォリオ】『かげパ』絵本原画展【終了しました】
  4. 【ギャラリーフォリオ】2019年の展示(予定)
  5. 書評『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』
  6. 「運慶」展 東京国立博物館
  7. 印象派展を見に行って「至上の印象派展—ビュールレ・コレクション」…
  8. 「天下を治めた絵師 狩野元信」展 サントリー美術館

関連記事

  1. 印象派展を見に行って「至上の印象派展—ビュールレ・コレクション」…
  2. 「色絵 JAPAN CUTE!」展 出光美術館
  3. 「DRAWING/OKADA」展 岩崎ミュージアム
  4. 「天下を治めた絵師 狩野元信」展 サントリー美術館
  5. 「運慶」展 東京国立博物館
  6. 「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」 千葉市美術館
  7. 東京ステーションギャラリー
  8. 温泉に入れる美術館!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント

    PAGE TOP