【アーティストの本棚】矢野静明 2018.06.

ブックデザイン事務所であるデザインフォリオが主催する GALLERY FOLIO では、展示と合わせ作家の皆様に「影響を受けた本・好きな本・オススメの本」のご紹介いただいています。

好きな作家がどんなことを面白い、好き!と思っているのか…好きな人のことは気になりますよね?
読んできた本から作家の思考・バックグラウンドを知る一助となり、それによりもっと作家自身や作品への理解・興味が増し、もっとその作家を好きになってほしい。
また、「好きな作家」と同じ本を読んでいた!なんて嬉しい気持ちになったり、知らなかった「本」に出会えたり、
「本」から新たな「作家」や「世界」につながるきっかけになればと思っています。

【アーティストの本棚】
矢野静明さん 
2018年6月22日〜7月1日 矢野静明展「潜(もぐ)る、点と線へ」

矢野さんは、雑誌のブックレビューとか知り合いのオススメの本などを手帳にメモしておいて、内容を確かめてから購入しているそう。

『建築家なしの建築』(SD選書 184)
B・ルドフスキー 著
渡辺武信 翻訳
鹿島出版会 (1984/1)

[作家コメント]子供の頃の隠れ家を集めたような本。キャンプのテント・ティピー・ゲルなども紹介している。ニューヨーク近代美術館でのカタログの翻訳本。建築のような建築でない本。

 

 

SHOSHA(ショーシャ)
アイザック・バシェヴィス シンガー 著
大崎ふみ子 翻訳
吉夏社 (2002/06)

[作家コメント]訳者が知人の妹さんということを後から知った。イデッシュ語(※)の作家でもある。

※ イデッシュ語は古いユダヤの言葉

 

 

ストーカー
ボリス・ストルガツキー 著
深見弾 翻訳
早川書房 (1983/02)

[作家コメント]SFもので「探求者」という意味。隕石が落ちた場所(ゾーン)に入ると願いが叶うといわれる場所を探すストーリー。小説を読んでから映画も見て、映画もよかった。映画はアンドレイ・タルコフスキーが監督をしている。

 

 

『秘義と習俗―アメリカの荒野より』
フラナリー・オコナー 著
上杉 明 翻訳
春秋社(1982/11)

[作家コメント]アメリカ南部の小説家のエッセイ。作家の心得を率直に言う人。小説も面白い。ロウソウという病気を持ち、早くに亡くなってしまった。

 

 

 

『マルティニーク島蛇使いの女』
アンドレ・ブルトン
アンドレ・マッソン 文・挿絵
松本完治 翻訳
エディション・イレーヌ (2015/01)

[作家コメント]マルティニーク島にブルトン、マッソン2人で行った時の紀行文(詩や散文)とスケッチ(デッサン)の本。手元に置いてよく開く本。

 

 

HUNDERTWASSER
フンデルトワッサン 著
展覧会カタログ
於 西武美術館(1973)

[作家コメント]小型の展覧会のカタログ、画集。水彩画家、版画家。日本で浮世絵の技法である木版を学んだ。西武美術館にフンデルトワッサンが来た時にサインをもらった。

 

 

Lucian Freud
展覧会カタログ
於 西村画廊(1979)

[作家コメント]展覧会のカタログ。銀座の西村ギャラリー(西村画廊)での日本での初個展に行った。具象の作家。ドイツ系ユダヤ人で、名前からも察する人もいるだろうが、フロイトの孫。イギリスに亡命。フランシスベーコンと友だちである。

 

 

※書名、著者・編者名、出版社(刊行年/月)の順に掲載。書名はAmazonにリンクしています。
※書影は作家所蔵のものを撮影

おすすめ記事

  1. 「運慶」展 東京国立博物館
  2. 「北斎とジャポニスム」展 国立西洋美術館
  3. 「色絵 JAPAN CUTE!」展 出光美術館
  4. 【アーティストの本棚】矢野静明 2018.06.
  5. 「天下を治めた絵師 狩野元信」展 サントリー美術館
  6. 「DRAWING/OKADA」展 岩崎ミュージアム
  7. 【ギャラリーフォリオ】矢野静明展
  8. 温泉に入れる美術館!?

関連記事

  1. 【アーティストの本棚】3to10 サトウテン 2018.06.…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント

    PAGE TOP