「色絵 JAPAN CUTE!」展 出光美術館

 「色絵 JAPAN CUTE!」展 出光美術館
2018年1月18(金)〜3月25日(日)

出光美術館で開催されている「色絵 Japan CUTE !」展に先日行ってきました。

ポスターを見るだけでも「かわいい♡」って感じですが、公式ホームページの説明を抜粋すると……「色絵」とは古九谷、柿右衛門、鍋島といった磁器や仁清、乾山が手がけた京焼など、江戸時代に豊かに花開いたカラフルなやきもののことで、贈物に多く使われた鍋島に宿る繊細な<季節感>、古九谷の流行に敏感な<ファッション性>、京焼を飾る<かわいらしさと文学性>、欧州の王侯貴族など、世界を魅了した柿右衛門・古伊万里の<色鮮やかさとデザイン力>――日本文化の多彩な特性を映し出す、絢爛として愛らしい色絵の世界が楽しめます……とあります。

藍色、赤色、緑色、黄色、金色といった色鮮やかな絵付けに、趣向を凝らした細工の陶磁器は私たちが季節を愛で、ハレの日・お祝い事などを祝う気持ちを形にした可愛いらしく、面白く、美しくウキウキとしたものばかり。「色絵」を通じ江戸時代、さらには陶磁器の世界の豊かさを感じることができます。

また、出光美術館の作品解説は読んで詩的で美しく、その世界をより一層味わい深くしてくれます。

「色絵瓜文大皿」古九谷 江戸時代前期 口径37.9 出光美術館

「色絵菊花文花鈕蓋物」ウースター窯 イギリス・18世紀 出光美術館蔵

 

個人的には古九谷の大胆で鮮やかなデザインのものや、海外の釜で「色絵」を模して作られたものが面白かったです。イギリスの釜のものは特にかっちりと作られていて、イギリスっぽい!とつい口をついてしまいます。笑

さらに、大大大おすすめの波山の作品もいくつか見られます!

〝幸せのおすそ分け〟的「CUTE !」なこちらの展覧会、残りわずかの3月25日(日)までです。桜もほころび始め散歩も気持ちよい季節に、皇居そばの出光美術館に出かけるなら今がグットタイミングです!(花粉が気になる方は鑑賞後に休憩スペースのソファーに座って、大きなガラス越しに春の皇居を眺めるだけでもほっこりできます♡)


展覧会に触発されて、リーズナブルな骨董のお皿を買ってしまいました。

ちょっとウキウキです。  (サ)

 

 

●展覧会の予習復習にオススメ(出光美術館のミュージアムショップでも販売しています)

  

『かわいいやきもの』(Kawaii)

かわいいやきもの』(柏木麻里著、東京美術刊)に登場する作品も何点か見ることができます。印刷では伝わらない本物のかわいらしさ、色の美しさ、存在感、是非とも会場に足を運んで観てみてください。上の画像は『かわいいやきもの』の一部です。ほかに「色絵菖蒲文大皿」「彩磁玉葱形花瓶」「色絵柴垣桜花文向付」「色絵菊花文透彫六角鉢」なども展示されています。

*画像・書名はアマゾンにリンクしています 

おすすめ記事

  1. 「北斎とジャポニスム」展 国立西洋美術館
  2. 「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」 千葉市美術館
  3. 東京ステーションギャラリー
  4. 「木島櫻谷」展 泉屋博古館分館(東京)
  5. 「天下を治めた絵師 狩野元信」展 サントリー美術館
  6. 「色絵 JAPAN CUTE!」展 出光美術館
  7. 「潜る・点と線へ」矢野静明展 ギャラリートーク(2)
  8. 「DRAWING/OKADA」展 岩崎ミュージアム

関連記事

  1. 「シャガール 三次元の世界」展 東京ステーションギャラリー
  2. 「天下を治めた絵師 狩野元信」展 サントリー美術館
  3. 「運慶」展 東京国立博物館
  4. 印象派展を見に行って「至上の印象派展—ビュールレ・コレクション」…
  5. 「DRAWING/OKADA」展 岩崎ミュージアム
  6. 温泉に入れる美術館!?
  7. 「北斎とジャポニスム」展 国立西洋美術館
  8. 東京ステーションギャラリー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント

    PAGE TOP