東京ステーションギャラリー

東京ステーションギャラリー紹介

東京ステーションギャラリーは東京駅に併設されており、駅の北口改札を出てすぐの右手にガラス張りの入り口があります。
最初にエレベーターで三階へ上がり回遊しながら展示を鑑賞できるようになっています。

特徴ある企画展が期待できる美術館で、先日まで行われていた『「鉄道絵画発→ピカソ行き」コレクションのドア開きます展』はこちらの美術館の収蔵品を初めてまとめて公開した展示でした。近・現代作家のものが多く、鉄道絵画→都市と郊外→人→抽象と鑑賞し、そしてピカソです。
大型作品が多く、至近距離で現代アートや巨匠ピカソを鑑賞でき、見ごたえは十分なものでした。

また、この美術館の見どころの一つが創建当時の構造レンガの壁がむき出しで使われているところです。空襲の火災で焼けてしまった「木レンガ」のある壁や、改装以前の建物から移築した「ステンドグラス」「シャンデリア」などの調度品も回遊しながら鑑賞できます。さらに、ギャラリーを出た回廊には東京駅の建物の変遷がわかる展示や創建当時の建材なども展示され全体を通じて美術だけではなく建築や歴史も感じられる空間は時間を忘れて不思議とリラックスできます。

ギャラリーショップも他の美術館にはない鉄道モチーフのグッズも沢山有ります。ショップにはギャラリーからのみ入れるようになっているのでここならではのお土産があって見てるだけでも楽しいですよ。

先日担当させていただいた図録兼書籍の『まるごと東京ステーションギャラリー—東京駅のなかの美術館』にも詳しく載っています。
撮影OKの場所も多くあったり、建物の特徴を解説するツアーもあるようなので、春休みに子供連れで出かけても楽しそうでオススメです。  (サ)

まるごと東京ステーションギャラリー』東京ステーションギャラリー 監修・東京美術 刊 *書名はアマゾンへリンクしています

おすすめ記事

  1. 「運慶」展 東京国立博物館
  2. 「天下を治めた絵師 狩野元信」展 サントリー美術館
  3. 「DRAWING/OKADA」展 岩崎ミュージアム
  4. 印象派展を見に行って「至上の印象派展—ビュールレ・コレクション」…
  5. 温泉に入れる美術館!?
  6. 書評『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』
  7. 「色絵 JAPAN CUTE!」展 出光美術館
  8. 【アーティストの本棚】3to10 サトウテン

関連記事

  1. 「DRAWING/OKADA」展 岩崎ミュージアム
  2. 「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」 千葉市美術館
  3. 印象派展を見に行って「至上の印象派展—ビュールレ・コレクション」…
  4. 「シャガール 三次元の世界」展 東京ステーションギャラリー
  5. 「北斎とジャポニスム」展 国立西洋美術館
  6. 「天下を治めた絵師 狩野元信」展 サントリー美術館
  7. 温泉に入れる美術館!?
  8. 「木島櫻谷」展 泉屋博古館分館(東京)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント

    PAGE TOP